--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.06.09 (Mon)

いざ! (その2)

手術まで2時間もあるので、兄はとりあえず銀座辺りをフラフラしに、母はベッド脇の椅子で舟を漕ぎ・・・私は、もう手術止めちゃおっかな~、とベットでイジイジ・・・

兄が14時に戻ってしばらくすると、ついに看護婦さんから「オン・コール」の連絡。手術室前で母と兄に眼鏡を預け、行ってきま~す。

扉を開けるとさらに手術室への道があり、そこでオノレの最終確認をし、イケメン麻酔医龍&腕毛麻酔医龍が登場です。
「前回の手術で気持ち悪くなった、という事なので今回は違うので行きますね」

補足:外来&術前の麻酔ヒアリングの時に、乳癌手術後に、気分がすごく悪くて辛かった、と申告。術後の悪心は「PONV」というらしく、お馴染みのものらしい。(ちなみに「PONV」って何の略?V=VOMIT しか覚えてな~い)

「ここに上がってください」って言われた台に上り、いろんなモノを身体に装着。手術室に私の心拍音がスタート。いよいよ硬膜外麻酔の準備です。時計は14:45。右半身を下にして胎児のポーズ(ヨガかっ!)しかし・・・・・・・

「何かナナメじゃない?」
「もう1回やる?」
「俺クラスなら1回だね」←君は誰?

とか、ギャラリー医龍達の発言が続き、不安。心拍音もビートを刻んでるじゃーん。

「あれ~緊張してます?」って聞かれてもさ・・・・(愚問です)
時計見るともう15:10だよ~トイレ行きたいよぅ。

で、ようやく背中の管入れ完了!仰向けになった所で、シャワーキャップ(?)姿のジネコ先生も発見

「ではこれから点滴で入れますからね~大きく呼吸して~」と言いながら、マスクを顔に・・・

「麻酔かかるの、怖いよぅ~」

と言ったソバから、瞼、重~い。おやすみなさい。後はヨロチク。

                   
スポンサーサイト
22:30  |  備忘メモ・子宮筋腫  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://flyingkiwi705.blog19.fc2.com/tb.php/9-1c9413b7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。