--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.06.12 (Thu)

VIVA AMIGAS!!!

術後3日目。人間のリカバリー力はすごいな~と感心。(それとも、私の実力か?)
手術箇所は痛くとも、点滴棒を持ってコンビニへアイスを買いに行けたり、「爆笑レッドカーペット」を見て笑う事もできちゃう。(笑うとお腹が痛いので、枕で押さえて鑑賞)。余裕も出てきたので電話をかけたり・・・

さて、私のルームメイト(?)。
私のベッドの前に、同じ日に入院し、同じ日に手術をした心の友(=ライバル)、南米・チリからの刺客。
彼女は日本語を挨拶程度しか判らず、彼女の主治医が英語で説明も「NO ENGLISH!」と静止させる100%ラテン女子。強気です。
プラス!彼女のアミーガ達が・・・・声がデカいし(その上携帯かけるし)、私ん家(?)の椅子に座っちゃうわ、香水がキツい、と南米パワー炸裂。心のセニョリータである私も、白旗・・・・・。
困った事にアツい人達だから、毎日お見舞いに来るのね。まぁ、長く居ないからいいけど。

見舞いに来た兄がポツリと、
「あの人達には(心の)ボリュームつまみが無いんだね・・・・・」

うまいっ!そう彼女達はいつも電源ONの音量MAX。
という事で、なでしこジャパンとしては勝手にライバル視。チリ子より早く離床して、退院しようじゃないのっ!と勝手に決定。もちろん日・チリ友好の為、挨拶は忘れずに!

同じ日に手術をしたので、進捗度は同じ、という勝手な思い込みをする私とチリ子。パンツをちろっと下ろして、傷@剃毛後のほんのり生えた所を見せ合い、偵察。
でも、私のカタコト英語とチリ子のスペイン語で会話で判ったのは、チリ子は今回2回目の手術で、子宮癌って事。こういう時は、何て言えば良いのだ?INスパニッシュ
そして何故かライバル心メラメラで「私は乳癌よっ!」とカミングアウト。どんだけ負けず嫌いなんだ、自分。そしてお互いの健闘を称えるワレワレ。熱っ

                 

チリ子にアミーガ達がいるように、ありがたい事に、私も、お昼・夕方とお見舞いがあり、テンション&回復度UP。
ムーチャス・グラッシャス 窓側のベット2つが、ちょっとしたラテン病棟。

通常時のような会話で盛り上がりつつも、私だけパジャマ着てる・・・・・

EEL.jpg

うなぎ~
スポンサーサイト
23:46  |  備忘メモ・子宮筋腫  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。