FC2ブログ

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.07.27 (Sun)

読書日和

熱・暑い・・・・と言っても、現在プータローですから、通勤地獄ナシ!
クーラーの利いたお部屋で読書なんかしちゃったりして~といっても、夏休みのお約束、読書感想文は書かないけど。
活字中毒ならぬ嫌・活字派(バカ発言)としては、なかなか文字を追うのが苦痛で、気がつくと昼寝している自分。

しかし、ここ数年「指輪物語」「ムーミンシリーズ」などなど毎夏’1セット’づつ挑戦。去年の夏は美輪さんのスピリチュアル影響?で、ミシマブームに沸き「腹切り」小説を読む自分。血気盛んなワカモノ達はためらわず、、信念を貫き、おのれの腹に剣をたてるのです。ひぃ~
しかし、その1年後に自分のお腹にも刃物が当たるとは、思ってなかったよぅ(って、腹切りの種類が違うか

さて2008年夏。今年もなんか読んじゃう~?と、思い立ち丸善へGO!
新刊平積みコーナーで、ややっ!かわいい表紙の本、発見。

林真理子の「RURIKO」。
ヤング浅丘ルリ子のアイライン入りまくりの、写真。カワイイ~
お話はルリコの半生&ルリコ父のエピソードで、交流のある有名どころはほぼ実名で登場。(ユージローとか)さすがに不倫相手の名前とか、現在の恋人の名前は伏せられてるいるけど、ググっちゃえば、即判明。便利なご時世だわ~と、女性週刊誌を読む気分でサクっと完読。

そして、大島弓子の漫画エッセイ「グーグーだって猫である」
1997年に大島弓子さんは子宮筋腫・卵巣腫瘍(病理でがんが確定)の手術をし、無事5年間を過ごし、現在に至っているらしく(?)癌患者としては、励みになるわ~
グーグーという猫との日々の中に、手術・抗がん剤治療の事が織り込まれて、緊迫感はなくホノボノした感じ。ペットを飼っていると、入院中でも気になっちゃたり、早く会いたいっ!という気持ちが、回復への気力になるのよね~

大島氏は、いわずと知れた大漫画家なので。手術にあたり遺言状も作成。なんと!猫の世話をしてくれる方にマンションを譲っちゃう、というセレブっぷり。

ちなみに私(誰も聞いてないけど)、乳癌の手術前に、親が見たら悲しむあんなモノやこんなモノをすべて破棄した、とんだ張り切り屋さん
そして、これからは見られたら恥ずかしぃ~っていう事や。親が衝撃を受けるような事は、もうしませんからっ(あるいは、形を残さない)と、誓う自分。(というか、そういう機会も無いけど・・・

この漫画エッセイは、どうやらキョン2(古っ)の映画で9月公開になるメジャー級でした。(知らないのは私だけ~)
kutsushita.jpg
好きなもの:脱ぎたての靴下。
スポンサーサイト
16:29  |  DAIRY DAILY DIARY  |  コメント(4)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。