--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.10.19 (Mon)

珍しく語る。

未だ低空飛行中・・・・・

週末は惰眠をむさぼる割に、平日はアレコレ考え、脳がオーバーヒートで眠れない日々を送っていたりして・・・
意外と神経質なワタシ。(自称)

とか言っちゃって~♪

そんなプチ睡眠障害のワタシ。
しかしながら、布団の中で読む本には、「睡眠導入剤」並みの効果が期待されていてよ。
まぁ・・・どんだけアンチ活字中毒なんだよぅっ!

軽いエッセイなんかが、量・読みやすさからもってこいだけど、最近、読むものが無くなってしまい・・・

091018_1500~0001 ようやく読了・・・・

ハードカバーでの発売時とか、今年の映画公開時に話題になって、ずぅっと読みたいと思いつつ・・・
(ミーハー魂炸裂っ

購入済み(もち、文庫ね)にも関らず、表紙を開ける機会がなかなか見つからなかったのよね。


お話は、超!かいつまむと、戦後ドイツ。主人公の15歳の少年が36歳の女子と関係を持ち、その後の人生にずぅっと影響を与える・・・・

という、肉欲ありーの、ナチ問題ありーの、
言ってはなんだけど、ドラマチックな食いつき要素満点なのよぅっ。

あっ!チェリー(古っ)とあんな事こんな事して、うらやましーわーって訳ぢゃぁございませんから。
公言している通り、子供は嫌いですから~ワタシ。オホホホ~

思うに、年齢もなかなかナイスな設定なのよね・・・・

20歳と40歳だと、なんかエロっぽいし、
30歳と50歳だと、ツバメっぽいし、札束が舞いそうだし、
40歳と60歳だと、介護の足音が忍び寄ってくるし、

15歳と36歳というのが、ちょい爽やかで切ない感じなのよね~

(ネタバレだったらすまん。。。)お話は36歳女子が文盲という事が鍵となって・・・

っつか、文盲ではなかったらこの物語は成立しないんだけどさっ

ワレワレ日本人にとっては、自分の名前を書く事はスペシャルな事ではないけど、

世の中、文字を読み書きできない事は珍しい事ではなかったりする。→識字率

そして、それを現代人として、恥ずべき事と思うのか、

それとも、読み書きできなくったってジブンは自分。と思うのか、

それは個人の価値観、それを形成した環境によるのだろうか?

と言うのも、その昔・・・じっこんの間柄になった男性が文盲だったという経験を持つワタシ
(ここ、人に歴史ありですぞっ)

付き合っていながらも、尊敬の気持ちは持つことができず、

それは彼がバカだから・・・という事ではなく、

それを恥じる事もなく、向学心がないのに、世間体を気にするところが小っさ!

と、恒例の上から発言。
もちろんそれは私の物差しな訳だけど・・・


物語の主人公である少年は文字の読めない彼女に、朗読をカセットに録音して送るのだけど、

その行いは、一瞬思いやりに溢れているようで、実際は安っぽく、心的な関わりを避けているようにも感じ、また本人もそれを自覚していたりして・・・

だから、最後はしっぺ返しをされた。(と、私は思ったの~)

そして、その後の顛末に、案外胸をなでおろしているのではないか?

少年の頃の初々しい思い出に縛られているだけではないか?

しかしながら、「切った張った」は理屈では説明できないのさっ(闘争?)

と、この本を読みながら、遠い昔のオトメ時代がいろいろ思ひ出されて・・・

そうそうっ、彼からもらう手紙はいつも代筆だったので、字が毎回違っていたな~

とかね。うんっ、青いぞっ!ワタシ。
スポンサーサイト
11:36  |  読書部補欠  |  コメント(8)

2009.06.14 (Sun)

ラッキー・ミー

やはり自己満ネタ・・・・

すっかり梅雨入り
ajisai.jpg ウチの地域ではまだこんな感じの咲きっぷり。

雨が降ると、気圧のせい?それともノルバのせい?
チョ~気持ちが滅入るのよね・・・・・ハァ・・・

そんな時は、おうちでネットサーファーとして荒波を乗り回したり、ベットでゴロゴロしながら本を読みそのままシエスタへ突入。

っつーのが、マーベラスな日曜の過ごし方なのよねー
(ちょっとぉ~’寂しいアラ40’、とか言ってんの誰????)

という訳で、そろそろ着手しないといけない通信教育のレポートが2つばかしありつつ・・・・・・
もりみー すっかり気に入ったモりミ~氏を読み漁る。

京都が舞台で、どちらも志は立派ながら冴えない学生のお話で、おもしろいの~
ハルキ氏・モリミ~氏と男性作家が続いたので、たまには女性作家のお話も読みたいな~と思い立ち、

luckyfortune.jpg タイトル&ジャケ買い。

なんかねー会話ばっかりで、お手軽さアリアリ~(ファンの方、すまん
それも短い会話が多いもんだから、本の下半分が空白なの。まじ、MOTTAINAI!
どうやら、これを手にしたワタシって、この本の題名とは反対の人間なのね~チッ
11:26  |  読書部補欠

2009.06.10 (Wed)

波乗りReader

自己満ネタ・・・・・・(いつもだろーというツッコミは当然!却下よっ)

いやぁ~すっかり世間の波に乗って、
1q84.jpg まんまと・・・・

どんなもんかな?と興味を持ちつつも、

別にMハルキのファンじゃねーしー
本だって「ノル〇ェイの森」しか読んでねーしー
「海辺の〇フカ」は途中で止めちゃったから、ワタシの中では少年は未だ山籠り中だしー

と思いながら、マスコミに扇動され、やっぱし気になるぅ~
ってな訳で、発売当日に張り切って本屋へ調査を入れたところ、な~んと!あと数冊を残すのみ・・・

それは、買わないと。ライッナウッよ!

という気持ちが盛り上がりまして・・・・(虚栄心30%・ミーハー魂70%)

えぇっ!読みましたともっ。だって1冊1890円もするんだもんっ。読むにきまってんじゃんっ!
もったいないっ!(文化的どケチ発言)

あらすじを申し上げるのはハルキ氏の意に反するので、シークレッツ(何故に複数?)でいかせていただきますけど、

本を読みながら、

自分が1984年に何してたっけなー?
とか
30歳の頃って何してたっけなー?

などと述懐したりして。
別にワタシの人生なんて、小説になるようなドラマチックなもんじゃないけどっ
まぁ・・・普通の30歳のジョシで、普通(=テキトー)に仕事をして、普通に遊んだりして・・・

な・の・に・・・普通に結婚してませんがな
あれっ?あれっ?なんでそこだけ?ホワ~イッ?

せっかく、ハルキワールドに浸っていたのに、いきなし現実・・・・


作中、登場人物達がアレコレと会話を交わす中で印象的だったのは、

「説明しなくてはわからないことは、説明してもわからない」

真理のような・・・・そうでないような・・・・?
まぁ、とりあえず、ハルキ氏の辞書に「説得」という言葉はない・・・という事にしておこう。
(短絡的まとめ)

なんと、これに続編があるやも・・・・それも2冊!という噂。
げげっ!あとプラス1890円 x 2冊・・・・・・・(と相変わらずどケチ発言)
10:05  |  読書部補欠

2009.05.05 (Tue)

生まれ変わるんです。

先週の水曜から始まったお休みも、気がつくと残りわずか・・・・

そしてっ!張り切ってブログ更新中(=引きこもり中、あるいはレポート課題を前に心のエスケープ中~とも言う)

思えば、連休前にいろいろな課題を挙げていたのに、気がつくと何も達成されていないような・・・

まぁ・・・人生そんなモン。
と、いう訳で連休中に読み進めるはずだったコレ↓

Mare Foecunditatis 只今、3巻目・・・

2年前から着手・・・・・全4巻。
しか~し!第3巻で、ページが進まず・・・・

思えば、この連休中の平日には、ミシマ最後の晩餐の場となったお店に親子丼を食べに行く予定もあったけど・・・・

そうっ、何を隠そうっ!ビジュアル的にミシマファンのワタクシ。(ダンシたるもの短髪!)
ちなみに土方トシゾウ・ファンの友人は五稜郭を旅して、ブロマイド的なもの(?)を購入。

しかし・・・・いくらファンでも読みづらいんじゃっ!

そして、再び逃避して、リラックス気分でコレ↓

ekuni.jpg

って、いい加減、レポートに取りかからなければっ
13:44  |  読書部補欠

2009.04.27 (Mon)

オトメの京都

通信教育のレポートを週末に1本はこなす・・・・・という目標を掲げておきながら、
目前にせまるGW期間中にやればいーじゃんっ!と勝手にジブンを説得して、
book.jpg ←読んでみた~

平積みハードカバーの頃から読みたいぃぃ・・・と切望していた割に、手が伸びず・・・・
先日、本屋さんに行った時に文庫化されているのを発見!即買いよっ
(どうやら、数ヶ月前に文庫化されていたようだわ・・・オホホ~)

京大の学生さんをメインとした、オモチロイ(本の中にでてくる言葉)お話で、イッキに完読~
それ以外にも、京都の街の描写がたくさんでてきて、京都旅行気分も楽しめちゃう~

shinshindo.jpg この喫茶店も出てくる~♪

地元の人はごく、あたりまえに利用する古き良き喫茶店かと思われるが、東から上ってくる文化系女子には、京都カフェ巡りの中でも垂涎のお店なのだっ!

しばらく遠のいている京都・・・
詩仙堂行って、錦市場で買い物して、巽橋ら辺をほっこり&ぽてぽて歩きた~い 
(王道プラン



09:10  |  読書部補欠
 | HOME |  NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。